劇団ケーキ投函『ケーキを海底のポストへ投函』

劇団Q+プロデュースによるユニット「劇団ケーキ投函」の第一回公演『ケーキを海底のポストへ投函』が2019年2 月24 日(日)、神奈川県横浜市の若葉町WHARF で開かれる。

同公演は、四人の作家が書いた脚本を四つのチームが上演。個性豊かな脚本と出演者により、「恋愛」をテーマとした四つの物語が紡がれる。


『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』
公演前特別連載企画 第1弾 「主演2人のショートインタビュー」

キャスト=はる/ティナ/西田いづみ/四月一日太陽/のいちひでのぶ × 作・演出=見ル野月


公演に向けて、演者や作品についての情報を随時お届けする、『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』公演前特別連載企画がスタートしました!
第1弾は、主演をつとめる、はる、ティナへのショートインタビュー。稽古の合間に取材した、普段の公演では見られない自然体の2人の姿をお届けします。

『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』00 /『ケーキを海底のポストへ投函』

あらすじ
とあるマンションの一室。元アイドルのアプリコット・アン(30)は、当時アンの追っかけをしてた理子(29)と同棲している。小さな部屋の中、アンは何をするでもなく一日をぼんやりと過ごし、理子は2駅先のデザイン事務所で働き、夜になれば2人はキスをしてひとつのベッドで眠る。それなりに幸せで、あてのない日々。
一緒に暮らしはじめて2回目の夏。アンが某アイドルグループに加入し、理子がアンのたどたどしい自己紹介に胸を撃ち抜かれた、あのお披露目ライブの日からちょうど15年がたった夜の物語…

『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』 01/『ケーキを海底のポストへ投函』

理子/はる
15年前、水泳部のエースだった理子は、偶然街中のモニターから流れるアイドルグループの新メンバーお披露目ライブを見かけ、その一瞬でアプリコット・アンに心を奪われた。翌日には退部届を提出。アンの熱心な追っかけとなり、お小遣いを貯めてはライブに通いつめる。自分もアンのように誰かに力を与えたいと画家を目指し美大へ進むも夢破れ、しがないデザイン事務所へ就職。朝から晩までスーパーのちらしを作る日々を送る中、表舞台から姿を消したいつかの憧れ、アプリコット・アンと出会い、同棲をはじめた。

『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』 02/『ケーキを海底のポストへ投函』

アプリコット・アン/ティナ
15年前、生まれ育ったドイツから父の転勤により日本にやって来たその日に空港でスカウトされ、日本語もままならないまま、あれよあれよという間に国民的アイドルグループの一員となった。しかし、3年後スキャンダルによりグループを脱退、それが原因となり両親は離婚、某自動車会社に務めるドイツ人の父は帰国、アンは宮城にある母の実家で暮らし始めるが、スキャンダルで脱退した元アイドルに向けられる周囲の視線は冷たく、耐えかねたアンは1人上京。そこで理子と出会い、同棲をはじめた。

長いタイトルの意味は…特にない?!

『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』 03/『ケーキを海底のポストへ投函』

Q.
公演まで一か月切りましたが、稽古していてどうですか?
はる
いや、ちょっと実感がない、やばい、やばいとしか思わない、思えない(笑)
ティナ
(笑)たしかに、一応セリフは覚えるけど、落とし込んでるわけじゃないから…それプラス、役作りに追われてるから…やばいよね、確かに。
はる
セリフがね、むずかしい。むずかしいっていうか、今までやったことないような長いセリフをわーってまくしたてなきゃいけないのが、結構むずかしいというか、まあ楽しいんだけど…
ティナ
カタカムナ文書とかね(笑)なんじゃそれって思ったよ、最初読んで。もうちんぷんかんぷんな言葉がいっぱいあったから。
はる
結構アンちゃんは、むずかしい言葉を並べ立ててるよね。
ティナ
本当だよ。しかも人魚ってタイトルに入ってるから、最初読んだとき、アンちゃんって人魚なの?って思いながら、え?えっ?って思って。
はる
そうね、でもあれは一体どこが人魚なの?って言ってる人は、実際稽古見てる劇団員の中にもいるよね。人魚は?って。
ティナ
どれが人魚?誰が人魚なの?みたいな。(笑)
はる
どこまで生きてるこのタイトル、みたいな(笑)
ティナ
確かに…現実とファンタジーがすごく混在してるから。
はる
そうねー。

「女子同士」というリアリティー

『さあ歌えよ 人魚たちのそれは深海をたゆたい窓の外へ/耳を澄ませる』 04/『ケーキを海底のポストへ投函』

Q.
今回公演する4つの作品の中で、メインキャストが女子だけで集まってる唯一のグループですね。
はる
女子だけの芝居っていうのは、今までやったことなかったな。男女2人だったり、大人数だったりはあったけど、女子2人でずっと言い合うっていうのはやったことがなかった。マーマレード・マリーが途中で入ってくるけど、メインでしゃべってるのは2人だよね。
ティナ
確かにそうだね。
はる
…あっ、あった!さきさんとやったシスターズ。超暗い話だよ。ちょっとセクシャルな…
ティナ
あったね!シーン稽古のときの。
はる
あれはそういえば女2人ではあったけど…でもまあ、今回みたいな設定でやるのは初めて。
ティナ
確かに、シスターズは姉妹だもんね、レズじゃないもんなー。
はる
アンと理子は恋人同士だもんね。今度デートしようね。
ティナ
したいね!
はる
デート企画!
ティナ
仕事帰りにさ。
はる
いいじゃんね。台本が20時の設定だから、仕事帰りなら時間ちょうどいいし。実際にその場所でその時間に一緒に過ごすと、見られ方も変わるし、見え方も変わる気がする。アン理子が住んでる部屋、笹塚だったよね、行こう!
ティナ
やろー!本当だったら、アンは一日中部屋にいるからジャージにTシャツ着てるんだろうけど、仕事帰りなら私の服装はちょっと違っちゃうけど…
はる
確かにね(笑)じゃあ次回は、アンと理子のデート特集で!

連載企画第2弾「物語の舞台へー笹塚デート編ー」→