劇団Q+ロゴ

Top Page > About Us

About Us
劇団Q+について

  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
History

劇団Q+(げきだんきゅう)は、演出家の柳本順也が主宰する演劇集団。神奈川県横浜市で活動していた社会人劇団「横浜スタイル」を前身とし、元メンバーの公演を柳本がプロデュースする形で2014年より活動開始。現在は東京都を拠点に活動している。

メンバーは、20~50代までの幅広い世代で構成。劇団の活動以外にも、芸能事務所に所属しプロを目指す者や、仕事や家事、学業などの傍ら演劇を学ぶ者など多様なメンバーが集っている。

おもな活動には、座付き作家の吉村伸による脚本を柳本が演出し、プロの役者やダンサーも招いて行う本公演がある。そのほか、劇団内の有志メンバーによる企画公演や外部イベントへの参加など、合わせて年に1~3本ほどの作品を上演。また、所属メンバーたちの特技を生かした音楽や映像、朗読などの小作品を動画サイトYouTubeで積極的に公開している。

公演作品は、デザイナーおよびアートディレクターでもある柳本の美意識を強く反映しており、衣装や舞台美術、宣伝美術へのこだわりが特徴。さらに役者たちのエネルギッシュな芝居と融合する、ダンスパフォーマンスや楽器の生演奏、プロジェクターを使った映像投影、ライブペインティングなどの試みも魅力である。

過去の作品には、横浜の老舗茶屋を舞台に繊細な家族の絆を描いた『お茶屋のかぞく』(2014年6月・第一回本公演)、劇中に楽器演奏や歌、踊り、ライブペインティングなどを取り入れたレトロ・ファンタジー『絵筆士のコグレ』(2015年7月・第二回本公演)、ユニークなキャラクターと会話で魅せたラブ・コメディ『ご予約の高橋様』(2016年3月・「第十三回神奈川演劇博覧会」参加作品)、ビジュアルから音響・照明まで斬新な演出に徹底的にこだわった本格冒険ファンタジー『Outsider A』(2016年7月・第三回本公演)、男女の愛憎をコミカルに描いたナンセンス・ポップ・コメディ『ポイプロ!』(2017年3月・「第14回神奈川演劇博覧会」参加作品)、ひとりの青年の生と死を愛情豊かに表したライフコメディ『アイノカタチ』(2017年8月・第四回本公演)、人間の自由と欲望を情熱的な芝居とダンスで炙り出した『サンパティック★ブロンコ』(2018年9月・第五回本公演)、横浜の歴史を舞台に人々の営みと魂に想いを馳せたオムニバス『夢中/滑稽』(2019年9月・第六回本公演)、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をベースに世界の不条理に挑む愛の物語『Romeo! -ロミ夫とジュリの物語-』(2020年12月・「劇団EXPO`2020」参加作品、「エフエム世田谷・耳の穴賞」「優秀俳優賞(柳本璃音)」受賞作品)、やんちゃ娘と純真王子が家族の愛に辿り着く旅をボリウッド風に描いた『アニマと迷子の王子』(2021年6月・第7回本公演)がある。

また劇団Q+がプロデュースした企画公演に、有志ユニット「ケーキを海底のポストへ投函」の『ケーキを海底のポストへ投函』(2019年2月・第一回公演)、『サカナ!サカナ!』(2020年12月・第二回公演)、がある。

劇団Q+主宰 柳本順也

柳本順也/Junya Yanagimoto

劇団Q+主宰/演出家・俳優・デザイナー
1973年生まれ、宮崎県出身。96年よりヨシ・イトウに師事しメソッドアクティングを学ぶ。舞台を中心に俳優活動、モデル活動を行う。2014年に劇団Q+を結成。立ち上げと共に演劇指導者、演出家へ。17年より劇団の枠を超えさまざまな立場の方と共に演技力、創造力を高める為の稽古場アクターズスクエアを開始。18年より中学校演劇部の演劇指導員も勤める。

[ 舞台 ]出演=「セールスマンの死」「二十日鼠と人間」「三人の力太郎」「悪い奴から逃げる方法」「留学生」「ベント」「欲望という名の電車」「ダニーと紺碧の海」「ジンジャーブレッドレディ」「チェーホフ短編集」 「風より迅く」「知らざあ言ってきかせやしょう」「DON’T CRY BABY」
演出=「お茶屋のかぞく」「絵筆士のコグレ」「ご予約の高橋様」「Outsider A」「ポイプロ!」「アイノカタチ」「サンパティック★ブロンコ」「夢中/滑稽」「Romeo!」「エール!」「B-bot [Buddy]」[ CM ]JA共済 / 任天堂Wii / 任天堂VC / Amazon / ケンタッキーフライドチキン / Hafa Adai! Guam / TOYOTA / CANON[ 広告 雑誌 ]ソニーマーケティング / ハリウッドヨガ / CANON / DEPOT / NEC / 培倶人 / DUCATI MAGAZINE / BMWマガジン 他

募集

現在劇団Q+では、制作、映像作家、舞台美術、衣装製作スタッフを募集しております!
自分の趣味や特技を芝居創りに活かしてみませんか?
劇団員募集は7月より開始致します。劇団員募集についてはQ&Aもご覧ください。

劇団Qチャンネル youtubeバナー

トップに戻る