劇団Q+ロゴ

Top Page > About Us

About Us
劇団Q+について

  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
  • 劇団Q+ 劇団員集合写真
History

劇団Q+(げきだんきゅう)は、演出家の柳本順也が主宰する演劇集団。
年一回の本公演に加え、演劇祭や劇場主催コンクールなどで積極的に作品を発表。劇団内の有志メンバーによる企画公演やダンスイベントなどもプロデュースして開催している。

出演者を劇団内外から募りプロ・アマ関係なく意欲的な表現者と創作する舞台は、コメディタッチのエンターテインメントからシリアスな会話劇まで幅広い。演出はデザイナーおよびアートディレクターでもある柳本の美意識を強く反映しており、衣装や舞台美術、宣伝美術へのこだわりが特徴。演者たちのエネルギッシュな芝居と融合するダンスパフォーマンスや楽器の生演奏、プロジェクターを使った映像投影なども魅力である。
もとは神奈川県横浜市で活動していた社会人劇団「横浜スタイル」を前身とし、元メンバーの公演を柳本がプロデュースする形で2014年より活動開始。現在は東京都を拠点に活動している。

過去の作品

劇団Q+主宰 柳本順也

柳本順也/Junya Yanagimoto

劇団Q+主宰/演出家・俳優・デザイナー
1973年生まれ、宮崎県出身。96年よりヨシ・イトウに師事しメソッドアクティングを学ぶ。舞台を中心に俳優活動、モデル活動を行う。2014年に劇団Q+を結成。立ち上げと共に演劇指導者、演出家へ。17年より劇団の枠を超えさまざまな立場の方と共に演技力、創造力を高める為の稽古場アクターズスクエアを開始。18年より中学校演劇部の演劇指導員も勤める。

舞台=『セールスマンの死』『二十日鼠と人間』『三人の力太郎』『悪い奴から逃げる方法』『留学生』『ベント』『欲望という名の電車』『ダニーと紺碧の海』『ジンジャーブレッドレディ』『チェーホフ短編集』 『風より迅く』『知らざあ言ってきかせやしょう』『DON’T CRY BABY』
演出=『十二人の地獄の裁判官』『アニマと迷子の王子』『Romeo!』『夢中/滑稽』『サンパティック★ブロンコ』『アイノカタチ』『ポイプロ!』『Outsider A』『ご予約の高橋様』『絵筆士のコグレ』『お茶屋のかぞく』『エール!』『B-bot [Buddy]』
CM= JA共済 / 任天堂Wii / 任天堂VC / Amazon / ケンタッキーフライドチキン / Hafa Adai! Guam / TOYOTA / CANON
広告 雑誌= ソニーマーケティング / ハリウッドヨガ / CANON / DEPOT / NEC / 培倶人 / DUCATI MAGAZINE / BMWマガジン 他

募集

現在劇団Q+では、制作、映像作家、舞台美術、衣装製作スタッフを募集しております!
自分の趣味や特技を芝居創りに活かしてみませんか?
役者希望の方は事前にQ&Aをご覧頂きご連絡下さい。

劇団Qチャンネル youtubeバナー

トップに戻る